RisingForce-Zwei

『ハヤテのごとく!』や『TRPG』など、多種多様なオタク趣味について語るBlogです。

【自作PC】PCデスクを改修せよ!

 2年越しの計画であったものの、いざ始めてみれば行き当たりばったりも甚だしい俺の部屋の模様替え。

 だが、しかし!

 快適で素敵なPCライフを目指す俺の爆進は止まらない!

 つーか、ここで止まったらPCが満足に使えないし、部屋が狭すぎて落ち着かない!

 そんな訳で前回はPCラックの改修について話をしたので、今度はPCデスク周りの改修について話をしましょう!

f:id:RF-zwei:20140517210250j:plain

 

 さて、これ↑がPCデスク上の状況です。2枚のモニターはそれぞれモニターアームを使っているので、机の上はかなり広く使えるようになっています。

 ……まぁ、その分、細々とした物を手の届くところに置いてしまい、かえってゴタゴタになってしまうんですけどね(;^^)

 兎にも角にも、ここら辺はすでに完成形だと思うので、今回はこのPCデスクに付属している後ろのラックを改修したいと思います。

 上の写真でみると、ちょうど正面のモニターの上にある板がラックの上部ですね。

 ここにプリンターやゲーム機を並べておき、モニターの裏にくるバックパネルは鉄製なのでマグネットで色々と貼り付けておける上、程よく穴が空いているので、配線を止めておくのにも使えました。

 また、机と連結されてない割には良い安定性(グラグラ揺れにくい)がしっかりしており、シンプルながらも使い勝手の良い品物です。

 ……が、しかし。このラックで、どうしても使いづらい部分があるのです。

 それがこの↓支柱部分。

 

f:id:RF-zwei:20140517210458j:plain

 

 この梁があるから、PCスピーカーが自分の好きな位置に置けず、モニターとスピーカーが1cm程度の隙間しか開けられなかったため、スピーカーの磁力が液晶に何か悪影響が出ないかと心配だったのです。

 まぁ、こういう並べ方をして、かれこれ8年以上は使っているので、自分の考えすぎなのですが、どちらかが壊れた場合、新しい物品が同じように大丈夫だという保証はない訳で……

 つーことで、PCラックを改修する際に120cmのステー4本が余ることが分かっていたので、それを再利用して、このPCデスク裏のラックを改修てしまおう!

 うはっ!www それって資源の再利用!? 俺って環境に超~優しくねぇ!? つーか、そもそも自分の財布に優しすぎっしょ!ww

 ……と、アホな思考回路で勝手に浮かれていたんですが……

 

f:id:RF-zwei:20140517210958j:plain

 

 はい。全然別物になりました。

 改修ってレベルじゃねーぞ!ww

 最初は120cmのステーを横にして、元々の支柱を無理矢理くっつけようと思ってたんですよ。

 ところが、支柱側のネジがステーよりも太いネジだったため、俺の計画は大頓挫!

 それどころか棚を増やすつもりで買ってきた120x30cmの板が、思いのほか120cmステーの増設部にピタッと気持ちよく収まってしまい、「もうこれでいいじゃん。この方向で組み立てちまおうぜ! じゃないと、部屋の模様替えが終わらないしな!」…と前向きに後ろ向きな閃きが俺の脳内会議にて全会一致で可決されました。

 つまり!

 このラックは完全な新品になったんだよ!

 Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

 どうしてこうなった!\(^o^)/

 しかしまぁ、そのおかげでラックの棚は3段構成になり、搭載量はかなり増えましたし、懸念だったスピーカーも支柱を気にせず、余裕を持って設置することができるようになりました。

 大きな地震が来たら雪崩れるんじゃないかと内心ビクビクしてた縦置きのゲーム機も横置きになり、机の上で微妙に邪魔だったHDMIセレクターもラック側に納めることもできましたし、何より大きいのが、背面を網状の物にしてあるので、配線の取り回しと纏めが非常に楽になった点ですかね(b^ー゚)

 

f:id:RF-zwei:20140517211710j:plain

 ↑まだ未配線ですが、この後の配線作業が無茶苦茶楽でした。

 

 まぁ、まだ設置したばかりなので、まだまだ使い勝手が完璧とは言い難く、何よりも想定より追加費用が多くかかったのがとっても痛かった……

 PCラックの回収と合わせると、この時点で2万円以上の出費です。

 つーか、PCラックに追加したFitsケースが高かった! あれだけで1万円以上使ってるぞ!(゚Д゚)ゴルァ!!

 しかしまぁ、PCラックにせよ、今回のデスクラックにせよ、組み換え自由なメタルラックですので、基本フレームは一生物として使い続けられる一品に仕上がりました。

 自己満足度は☆4つといったところでしょう!

 ここまでくれば後一息!

 次回はいよいよ模様替えのターニングポイントである『機器類の配線』について話をしてみたいと思います~