RisingForce-Zwei

『ハヤテのごとく!』や『TRPG』など、多種多様なオタク趣味について語るBlogです。

【モンキー】装着したカメラの映像(昼の部)

 皆さま、新年をお過ごしだったでしょうか?

 自分は新年早々風邪をひいて三ヶ日をベッドの上で過ごしました… orz

 …おぉぉぉ、初詣が!巫女さん見学が!安全祈願のお守りがッ!つД`)・゚・。

 

 とまぁ、そんな話はさておきまして、前回、モンキー(FI)に装着したアクションカメラ『M10』の映像は、ヒマがなかったので仕事帰りに撮ったものでしたが、年末(風邪をひく前)に少し余裕があったので昼間の画質テストに行ってきました~

 

 それでは早速ご覧いただきましょう。

 なお、全編を通して風切り音が酷いので、あらかじめ音量を下げてご覧くださいm(_)m

 たぶん、ここまで音が酷いのは充電用のUSBケーブルのために防水ケースに穴を空けたせいだと思います。

 ……マスキングテープで塞げば良かったかな~(;⌒∇⌒)

 

 では、今回は画質の悪い順から行ってみたいと思いますので、まずはWVGA(848x480/60fps)からです。

 


モンキーに搭載したSJCAM M10のテスト【昼間の部】 WVGA(848x480)編

 

 相変わらず音が酷い(;><)

 

 続いてHD画質(1280x720p/30fps)です。

 


モンキーに搭載したSJCAM M10のテスト【昼間の部】 720P/30FPS編

 

 なんか、こうしてYoutubeにアップしてみると、WVGA画質と大差なさそうな気もしますね~ (;^^)

 あと、昇り坂でスピードが出なかったからか、エンジン音が聞き取りやすいです。

 

 お次は同じHD画質でもfpsを60に設定したものですが、出だしの道が悪すぎてガクガク&爆音になってますのでご注意ください。

 


モンキーに搭載したSJCAM M10のテスト【昼間の部】 720P/60FPS編

 

 ……ん~、なんとなく30fpsよりは滑らか?という感じでしょうか。

 昇りよりスピードが出ている分、振動によるブレの方が激しくて、画質的には30fpsの方が綺麗に見えます…(汗)

 

 そして最後にフルHD画質(1920x1080/30fps)です。

 これは「夜だとどうせ判らないだろう」と思い、前回は撮影しなかったモードとなります~

 


モンキーに搭載したSJCAM M10のテスト【昼間の部】 1080P/30FPS編

 

 ん~、ブロックノイズが酷いですね… (;^^)

 …というか、他のHD画質でもノイズが発生してる所がありますが、原本ファイルだとここまで酷いブロックノイズは走ってませんし、もう少し映像も綺麗ですよ~

 たぶん、Youtubeへアップロードした時にエンコされてる影響ですかね?

 …まぁ、原本ファイルの方は、振動のせいなのか多少映像が綺麗でも映像が波打って見える時があったりするので、どっちもどっち…という感じですが……w

 

 あと、3分間の動画を撮った時のファイル容量ですが……

 WVGAで166MB。HD画質が30fpsでも60fpsでも308MB。フルHD画質で542MBとなっています。

 

 ここからは個人的な感想に入りますが、このM10というカメラ。1万円前後で買えるのであれば初心者&素人にはお買い得だと思います。

 機能的には必要最低限のモノが揃っていますし、バイクが走行する時みたいな激しい振動さえなければ結構綺麗な映像が撮れますから。

 …もっとも、アクションカメラの用途を考えれば振動するのが当たり前なので、そこはジレンマに陥りそうですねw

 でも、「取り敢えずアクションカメラで動画を撮りたい!」という用途ならば不足は無いでしょう。

 また、ドライブレコーダー的な運用をするなら、WVGA画質で十分だと思います。

 HD画質以上の設定は、いわゆる『車載動画』としてネットに公開する時だけにして、その際は振動が激しいハンドル直下への装着は止めて、ヘルメットなどの振動を吸収しやすい部分に装着した方が無難な感じです。

 

 以上、SJCAM M10をモンキー(FI)に装着してみた感想でした~