RisingForce-Zwei

『ハヤテのごとく!』や『TRPG』など、多種多様なオタク趣味について語るBlogです。

360°カメラ『THETA V』を戦略的衝動買い!

 モンキーやVMAXに乗り始めてから回数は少ないものの、それなりにツーリングをして景色の良いところで一息ついてたりします。

 つーか、走ってる最中に良い風景と巡り逢うと「うぉおぉぉ~っ!」とテンション上がったりするので、以前からそれを少しでも写真や動画などで残したい。ついでにSNSとかにUPしたい!…と思っていたのですが……

 スマホやアクションカメラでは、あの開放感を伝えるのは中々難しい……(´・ω・`)ショボーン

 つーことで、以前から欲しかった360°全天球カメラ『THETA V』戦略的衝動買い!

 

※説明しよう!『戦略的衝動買い』とは!?

 T教授がASCII.jpで連載しているコラムの事で、自分もそれのマネをして、勢いで買ってしまった商品について「これはBlogのネタなんだ!」と言い訳がてら紹介してみようと思います。

 そんな訳でT教授へのリスペクトを込めて、コラム紹介の一文を(勝手に)拝借させていただきながら記事を始めましょう。

――これを読んでくれた読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである。――

 

 つーことで、改めて今回購入したのがコチラ↓!

f:id:RF-zwei:20180509233857j:plain

 RICOHの全天球カメラ『THETA V』です!

 製品としては去年(2017年)の9月に発売されましたし、デザインは初代から殆ど変わっていないので目新しさはありませんけどね~(;⌒∇⌒)

 兎にも角にも、カメラ本体は↓こんな感じです。

f:id:RF-zwei:20180509235719j:plain

 そこそこの大きさがあるのですが、細長いので全然邪魔にならないです。携帯性はバツグンだ!d(≧▽≦)

 

 …で、さっそく撮ったのがコチラ↓

ゆるキャン△スタンプラリーの途中 - Spherical Image - RICOH THETA

  ゆるキャン△スタンプラリーのポイントの1つ、身延町身延山観光案内所の目の前にある身延山久遠寺 三門前です。

 スマホのカメラだと全景を収めるのが難しいものでもワンクリックで余裕!

 Blogでの公開もRICOHのアップロードサービスのおかげで、上記のとおりバッチリです!(b^ー゚)

「写真の構図とか小難しいことは判らんけど、とにかく撮っとけ」という根性でシャッターを押せば、取り敢えず何とかなる

 これが全天球カメラの良いところですね~ヽ(´▽`)ノ

 あと、動画も試しに撮ってみました。

 動画はYoutubeがバッチリ対応しておりますヽ(´▽`)ノ

 ……ただ、動画に文字を入れられないのは、SNSの動画としてはちょっと物足りなさ過ぎますね(;´・ω・)

 ここら辺は今後の課題です。

 

 さて、その他の悪い点としたら、手持ちでシャッターを切ると自分の指が写り込んでしまうところですかね~

ゆるキャン△で野クルが見延饅頭を食べてたところです。 - Spherical Image - RICOH THETA

 噂には聞いていたのですが、いざ自分でやってみると、確かにこれは目立ちます…(;・∀・)

 つーか、他の写真では下半分が指だったしたモノもあったので、自撮り棒での撮影は必須かな~と思いました。

 

 あと、THETA Vの新機能として無線LANクライアントモード』という、無線LANルーターを中継させてTHETAとスマホを繋げる便利な機能ができたんですが…

 これ、スマホWiFiBluetoothで接続する『カメラBluetooth設定』がONにしてあると使えません( ;´Д`)

 THETA Vはルーターとの接続に成功しているのですが、スマホがTHETAに繋がらなくなるんですよ。

 そして、そのBluetooth接続のON/OFFの切り替えは、スマホとTHETAをWiFiで直接繋げる従来の方法『ダイレクトモード』じゃないと設定できないので超面倒です。

 だって、自宅に居る時はクライアントモードが便利なんですよ。

 でも、外出先じゃBluetooth接続でシャッターを切った方が楽なんです。

 良いとこ取りができないのが、非常にむず痒いですね…(;==)

 

 さらに、先ほども少し触れましたが、現状だとSNS向けの動画編集はほぼ不可能です。

 幾つか360°動画の編集に対応しているPC用動画編集ソフトがあるのですが、殆どが有料ソフトな上に、どれも編集方法に一癖も二癖があって、手軽にできる感じではありません( ;´Д`)

 …つーか、RICOH様はせっかくPC用の閲覧ソフトも用意してるのですから、せめて人の顔をボカシすブラシ機能や、文字を入れる等の編集機能を付けて欲しいものです orz

 こういうソフト面でのサポートが日本企業は苦手だよなぁ~

 

 …とまぁ、散々と文句を言ってきましたが、そういった不便な点と差し引いても、360°の写真が撮れることは非常に魅力的です!伍長的にポイント高いです!w

 操作系も非常にシンプルですので、写真を撮るだけだったら何も困らないでしょう。

 また、上記のとおり動画の編集はまだまだですが、静止画の編集はかなり自由度が高いみたいです。

 色々とネットを漁ってみたんですが、360°ならではの素晴らしい作品を公開している方々がいらっしゃいます。

 単純に風景画を撮るだけでなく、アイデア次第で一風変わった写真を作るのも面白そうですね!ヽ(´▽`)ノ

 

 あと、前記のとおり編集は難しい360°動画ですが、THETA Vの動画機能そのものはなかなか使えます!

 個人的に面白い映像が撮れたと思いますので、後日Youtubeへ投稿します。

 ご期待ください( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 つーことで、THETA Vの満足度は星4つ!

 ツーリングに出かける時は、必ず持って行きたいアイテムになりました。

 

 …さて、最後にもう少し、360°写真をBlogに貼り付けておきます。

 いずれも、ゆるキャン△スタンプラリー中に撮ったものばかりですが、THETAの面白さが少しでも分かってもらえれば幸いです(≧▽≦)ノ

 拡大縮小を含めてグリグリと動かしてみてくださいね~

 

甲州市の見晴らしの良いフルーツラインでパシャリその1

甲州市のフルーツライン入り口でパシャリ - Spherical Image - RICOH THETA

甲州市の見晴らしの良いフルーツラインでパシャリその2

甲州市のフルーツライン入り口パート2 ……モンキーに跨ってる姿を撮りたかったんです - Spherical Image - RICOH THETA

ほったらかし温泉にて、カレーと温玉揚げウマー( ´¬`)ジュル

ほったらかし温泉で食ったカレーと温たま揚げ。 うまー( ´¬`)ジュル - Spherical Image - RICOH THETA